気になるできものの種類と原因、治療方法について説明します

炭酸ガスレーザーが主流

女性

状態に合わせて機器の併用が効果的

40歳以降に出ることの多い老人性いぼは脂漏性角化症と言い、老人性色素班が変化したものと考えられます。浴び続けてきた紫外線が主な原因のため、最も出やすい部位は顔です。老人性色素班が薄茶色からこげ茶色に変化していくように、脂漏性角化症も盛り上がりが大きくなっていき、色も黒っぽく変化していきます。自然に取れることはまずなく、外科的処置を施すより解決法はありません。多くのクリニックで採用しているのは、炭酸ガスレーザー治療です。老人性色素班の治療ではレーザーの種類はいくつかありますが、脂漏性角化症では炭酸ガスレーザー一択といった状況となっています。脂漏性角化症は周囲の皮膚よりもやや水分を多く含む組織で、水分に反応する特徴を持つ炭酸ガスレーザーが最適だからです。レーザーを照射すると強い痛みが生じるものの、細胞の周囲は瞬時に凝固されるので、出血はあってもごくわずかです。また、治療して何年か経った後に、再発する可能性があります。紫外線対策を万全にすることで、再発リスクを軽くするのは可能です。同じように加齢に伴って出てくる首の小さないぼはスキンタッグやアクロコルドンなどと呼ばれるもので、こちらも炭酸ガスレーザー治療が適します。年々増える傾向にあり、首中に出ることは珍しくないため、早めに取るのが賢明かもしれません。
ほとんどの老人性いぼ、脂漏性角化症には炭酸ガスレーザーが有効ですが、表皮基底細胞が残ってしまった場合は何年か後に再発する可能性があります。表皮基底細胞が残りやすいのは、大きく隆起した脂漏性角化症です。そこで表皮基底細胞を残さないように炭酸ガスレーザーで深く削ると、治療後に瘢痕が残る心配があるため、まず大半を削ってから、Qスイッチレーザーで仕上げるのが効果的です。色素に反応する特徴があるQスイッチレーザーは老人性色素班の治療に活用されており、隆起の小さい脂漏性角化症の治療にも使われます。しかし、アクロコルドンなどの首いぼには効果が薄いので、適用されることは少ないです。Qスイッチレーザーは炭酸ガスレーザーと違って、傷跡が残らないのがメリットです。多くのクリニックでは、治療に入る前に局所麻酔の注射をします。そして、炭酸ガスレーザーを1分ほど照射してカサブタを取り、基底部に残った細胞にQスイッチレーザーを1分ほど当てて創傷保護剤を貼ったら終了です。できた傷は2週間ほど経つと治りますが、2ヶ月間くらいは色素沈着が出ます。これは次第に薄くなり、長くても1年後には消滅するはずです。色素沈着を早く治すために、外用美白剤が処方される場合もあります。

Copyright© 2019 気になるできものの種類と原因、治療方法について説明します All Rights Reserved.